妊婦の便秘

MENU

オリゴ糖オススメ2選

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴの特徴

「はぐくみオリゴ」は高純度で濃密な5種類のオリゴ糖を配合率にも試作を重ね、特殊製法でブレンド。

価格 1,840円
評価 評価5
備考 送料無料・代引手数料無料
はぐくみオリゴの総評

5種のオリゴ糖配合だからできた!満足率97.2%という圧倒的な数字。他のオリゴ糖では考えられない満足度です。

カイテキオリゴ

カイテキオリゴの特徴

全国売上日本一のオリゴ糖。愛用者30万人というオリゴ糖といえばカイテキオリゴという位の安定した人気と信頼のあるオリゴ糖です。

価格 2,412円
評価 評価4
備考 送料181円〜
カイテキオリゴの総評

独自のEOS理論でまんべんなくビフィズス菌を活性化させるパーフェクトなオリゴ糖。野口医学研究所のお墨付き!

妊婦の便秘記事一覧

妊婦になると便秘になりやすく、1週間や2週間以上便が出ない状態が続いているという方も珍しくありません。なぜ妊婦になるとお通じが悪くなってしまうのでしょうか?色々な原因が考えられますが、やはりホルモンバランスの変化が大きく関係していると便秘解消の達人は思います。妊娠するとホルモンバランスが変化し、体内の黄体ホルモンが増加します。黄体ホルモンの分泌が増えると大腸の働きが抑制されて、便が出にくい状態にな...

妊娠すると自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になってしまいます。交感神経が優位になると腸の機能が低下して、お通じが悪くなります。そのため、副交感神経を活発にして、体をリラックスさせましょう。体をリラックスさせるのに有効なのがアロマです。アロマにはリラックス作用の他に安眠効果もあるので寝つきが悪い妊婦にもおすすめ!ただし、香りが強すぎると気分が悪くなったり、逆にストレスを強めてしまうので、刺激...

妊婦さんは便秘だけではなく、下痢にもなりやすいです。場合によっては便秘と下痢を繰り返して、お腹の調子が安定しないこともあります。では、どうして妊娠中は便秘と下痢になりやすいのでしょうか?まず、考えられるのが黄体ホルモンの影響です。妊娠すると女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌が活発になります。このホルモンは腸の働きを抑制する作用もあるため、分泌が多くなると腸内環境が乱れてしまいます。さらに妊...

妊婦の便秘が原因で胎児の成長や健康に深刻なダメージを与えることはありません。ただ、深刻なダメージを与えることはないだけで、赤ちゃんに影響は与えてしまいます。便秘は母体にとっても赤ちゃんにとってもいいことではないですし、早めに対処してください。便秘になると腸内で毒素が排出され、血液の中に混じってしまいます。その汚れた血液は栄養と一緒に赤ちゃんにも運ばれます。また、出産の時に産道の菌を取り込むこともあ...

オリゴ糖が妊婦の便秘に効くというのは単なる噂ではありません。本当に効果があります。効果には個人差があるので、必ず便秘が治るわけではないですが、高い確率でお通じを良くできるので便秘解消の達人を信じて使ってみてください。毎日しっかりと摂り続ければ、次第に便秘が治っていくはずです。なぜオリゴ糖が便秘に効くのか?それはオリゴ糖を体内に取り入れることで、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減少できるからです。善玉...

妊娠中の便秘を解消するために市販の便秘薬を使っている妊婦もいますが、これはとても危険な行為です。絶対に市販の薬は使ってはいけません!なぜなら、便秘薬には子宮の収縮を促す成分が含まれており、早産や流産のリスクを高めてしまうからです。特に妊娠初期は便秘薬の影響を受けやすく、流産する可能性が高くなります。妊婦の使用を禁止している薬が多いのはこのためです。ダイオウやセンナ、アロエといった下剤成分にはくれぐ...

体の冷えは腸のぜんどう運動を低下させ、便秘を悪化させるので温めることが大切です。体を温めることは赤ちゃんのためにもなるので、冷やさないように気をつけてください。お風呂をシャワーだけで済ませている方は、きちんと浴槽に浸かりましょう。少しぬるめのお湯で20分〜30分ほど半身浴をすると体の芯まで温まり、腸のぜんどう運動が活発になります。リラックス効果もあり、妊娠中のストレス緩和にもなるでしょう。入浴が難...

毎日同じ時間にトイレに行くことも便秘解消のコツです。時間に余裕を持って起床して、毎朝決まったタイミングでトイレに行ってください。この時に大切なのが朝食をしっかりと食べること!朝食を食べると胃腸が刺激され、ぜんどう運動が活発になります。朝食の時にミネラル成分が多く含まれている硬水を飲むのも効果的です。また、朝食を食べることは便秘だけではなく、一日を元気に乗り切るためにも大切です。朝食を食べないとエネ...

妊婦の便秘は珍しいことではなく、妊娠するとほとんどの女性が体験します。妊娠すると女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発になります。黄体ホルモンはぜんどう運動という排便を促す大腸の役割を抑制する働きがあるので、このホルモンが増えるとお通じが悪くなってしまうのです。これが妊婦が便秘になりやすい理由です。また、お腹の赤ちゃんの重みも妊婦の便秘と関係しています。赤ちゃんが大きく...